So-net無料ブログ作成

9.11 あの日から10年 [雑感]

あの日、その時間は家にいました。

当時放映していたNHKの「プロジェクトX」は姫路城の話で、番組も終わりに差し掛かったところニューステロップで「ニューヨークの世界貿易センタービルで火災」の知らせが。そして番組が終わるとニュース速報で映像が映し出されました。

確かに燃え盛る世界貿易センタービル。「これは大変な火災だな」と思うのと同時に、かなり古いですが「タワーリング・インフェルノ」という映画と、「ダイ・ハード」の一シーンを連想しました。

次の瞬間、画面を横切る飛行機の陰が映りました。「ニューヨークだから、近くを飛行機が飛んでいるんだな」と思った、いや思うのが終わる間もなく、もう一つのビルから大爆発が。僕はその瞬間を見てしまいました。一瞬何が起きたかさっぱりわからず、頭の中は混乱。あの飛行機はどこへ行ったのか、なぜもう一つのビルから唐突に爆発が起きたのか・・・ 思考がまったくつながりませんでした。

事の顛末は知ってのとおりですが、あの日ほど背筋が凍った日はありません。東日本大震災は自然の猛威ひ戦慄しましたが、9.11は人の所業に戦慄しました。人とは、これほど恐ろしいことを思いつき、またそれを実行にできるものなのか、と。

いま追悼式典が行われている最中です。しばし、あの日のことと、あの日亡くなった方々に思いを馳せたいと思います。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。