So-net無料ブログ作成
検索選択

ウォーターラインモデルがガチャポンで手に入る時代 [軍艦]

2010061323280001.jpg
空母瑞鶴。大戦中最も活躍した日本海軍空母のひとつ。これが200円のガチャポンで手に入る時代がこようとは・・・ 小学生のころから艦船、そしてウォーターラインシリーズに親しんできた不惑男には感慨深いものがあります。

2010061323280000.jpg

とはいえ、造形の出来はそこそこ。カプセルの中に入っていたのは、3つに分割された艦体、艦橋、マスト、そして飛行甲板後部の着艦標識のシールのみ。でもちゃんと飛行甲板には左寄りに瑞鶴を表す「ス」の文字。これだけでも十分ですよ。なお、同型艦の翔鶴はちゃんと真ん中寄りに「シ」と書いてあるようです。エンガノ岬沖海戦の奮闘が有名な瑞鶴だけに、迷彩塗装状態の最終時であればよかったですが、まぁそれだと200円では無理でしょうし・・・

今回は一回のみやりましたが、他には大和(天一号作戦時)、武蔵(新造時)、翔鶴、愛宕、高雄がラインナップされているようです。当然大和のアソートが少ないでしょう。既に次回が決まっているようで、長門がラインナップされているようです。空母だと・・・ 大鳳とかやってくれないかなぁ。もちろん、本命は大淀を!! 小さすぎて無理かなぁ(^^;)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。